2017年06月28日

【林立する】社会福祉士国家試験受験資格における根本問題【壁の群れ】

〔前記事までのあらすじ〕
負うた子に導かれて瀬を渡るが如く
社会福祉士の国家試験を受験したくなった筆者。
しかし筆者の前には受験以前に
超えなければならない高い壁が立ちはだかっている!
さあ筆者如何せん⁈



社会福祉士国家試験には法律(*)に定められた受験資格が設けられている。
(*)社会福祉士及び介護福祉士法第7条。

受験資格の概要については既に先日の記事で記しているので
詳述は控えるが
社福の国試受験したくなったこの時点で
私はどの条件も満たしていなかった。
つまりはいくら受験したくて受験したくて
血涙振り絞って悶絶していようとも
出願そのものができない状態
余儀なくされていた。

現状では満たしていない条件があるのなら
速やかに当該の条件を満たすべく動くべきである。
呑気に悶絶などしている場合ではない。

ここで改めて受験資格取得のための
選択肢を検討してみた。

福祉系大学で指定科目履修して卒業
↑国試受験資格を手中にできるのは
どんなに急いでも4年後(※)なので却下。
仮に3年次編入としてもカリキュラムの関係で
2年では卒業できない蓋然性が高い。
(1年次2年次開講の科目もある筈なので、
履修要件などの都合上3年次4年次の2年間では
消化し切れないことがあり得るし
そもそも大学サイドにおいて
社福受験したい人は編入不可!
絶対に1年次から入学すること!絶対にだ!

条件を設けていることもあり得る)
そしてほぼ同様の理由にて
「福祉系短大(3年)で指定科目(後略)」の条件もまた、
割と心惹かれつつも
最短1年の実務経験必須の条件につき
却下することとした。

※おわびと加筆修正※
3年次からの福祉系大学編入学によって
最短2年で社会福祉士国家試験受験資格を取得することは可能
です。
不適切な記述をお詫び致しますと共に
ここに加筆修正致します。
但し、3年次から編入して2年間で受験資格取得となりますと
通常なら4年かけて履修する科目を
2年で全て履修する
ことになりますので
スケジュールはかなりタイトになるであろうことは
お断りしておきます。
なお、受験資格取得して、国試実施年の3月に「卒業見込」であれば
国試を受験することはできますが
合格したとしましても
年度内に卒業できなければ合格は取り消しになります。



ここだけの話をしよう。
語学*2に体育リターンマッチか!
いいぞいいぞ、どこからでも打ち掛かって来い!

…と
即実家の裏庭に走り
愛車の傍にて来るべき秋(とき)の妄想に心震わせながら
全壊全開で素振りを始めた中年が
いたとかいなかったとかいう未確認情報が確認されている。



本題に戻ろう。

自らの擁する属性を勘案すれば
受験資格を得るための選択肢としては
社会福祉士及び介護福祉士法第7条3号、
即ち

「学校教育法に基づく大学を卒業した者
その他その者に準ずるものとして
厚生労働省令で定める者であつて、
文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校
又は厚生労働大臣の指定した養成施設
(以下「社会福祉士一般養成施設等」という。)において
1年以上社会福祉士として
必要な知識及び技能を修得したもの」

これ一択であることは言うまでもない。
勿論斯様なことは当初から解ってはいたのだが
あらゆる選択肢及び可能性を鑑みたうえで
事に当たるのが筋というもの、
可能性のジャッジ及び思考実験として、
無理目系の選択肢についても色々と
シミュレートしてみた次第なのである。ああ楽しかった。

という次第で早急に
社会福祉士一般養成施設等探して
見つけて
問い合わせて
折良くも丁度翌々日開催ということになっていた
学校説明会に即、参加を申し込んだ。
ネット社会万歳!である。



私が選んだのは通信課程の養成校だった。
「選んだ」とは言っても
時間的制約をはじめとする自らの現状において
一番負担が少ない選択肢となると
通信課程ほぼ一択だった。
尤も通信課程の養成施設とはいえスクーリングもある訳で
移動の負担宿泊先の確保等を鑑みると
可能な限り「近場」の養成施設にしておきたい。
(ここは思い切って超遠距離施設にして
旅行兼スクーリングを満喫するのも愉快…などという
もう1人の自分の囁きは取り敢えず無視することにした)
そこでその条件でもって
検索して早速発見した養成校は
近場も近場、家から自転車で行けるところにあった。
先述した「問い合わせ2日後の学校説明会参加申し込み」養成施設が
それである。
ウェブサイト内の情報は一通り確認しておいていたのだが
学校説明会にも行ってみて
気になったことを思いついた側から質問して質問して
帰りに願書類一式もらってきた。



斯して目の前の壁群のひとつについては
どうにか崩す目処が立った。
しかし。
今回は敢えて記していないのだが
察しの良い方なら既にお気付きと思われる「あれ」が
難攻不落の大壁となって
私の前途に聳え立っているのであった…。

IMG_1464.JPG
昼の川内
posted by tristram(高橋嘉代) at 12:56| 社会福祉士国試2017受験顛末記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

【今年も半分】空の爪痕追いながら【まもなく終わり】

日中は暑くなってはいるのだが朝晩は涼しい。
梅雨はまだ来ない。



本日をもって旧第3拠点は第2拠点に昇格。

仕事机もこのとおり!
IMG_1505.JPG
斯様な美の極致など今だけなんて言わぬように。



少し前から戦略変更して
自県仕事他県仕事を問わず、始発開門アタック→(中略)→終業ASAP帰宅後即就寝としている。
本来の試合開始時刻(試合なのか?)
6時間〜8時間位前から元気に起床して活動していて
そのままそのノリで仕事場に出向き
そこで色々と作業をしている訳だ。
と見せかけて国試アプリプレイしていたりすることもままある。なんのことはない、趣味と実益を兼ねた自己鍛錬ということである。
尤も、意識的に活動時間帯を前倒しにしていると言うよりは
気がついたらそのようになっていたという次第であるのだが。

昔から何らかの理由で
かなり集中して事に当たらなければならない事態に直面すると
特に意識していなくとも昼夜逆転と言っていい程の
超早朝活動になるのが常である。
したがって今回もまた
デフォルトのセッティングから
バトルモードへとサクリと切り替わったということなのであろう…

いや。本当に困るのだが。切り替わらないことには。



前期分のコンプリート堆積物も
大分その嵩を減らした。
そろそろ後期分のコンプリートを蓄積させたいところなのだが
未消化案件のみが延々と溜まる一方で
いっかな減りを見せやしない。

尤もここ数か月間において最も
気力体力時の運を叩き込んでいた
拠点整備活動が収束をみせたことは幸いで
これで随分と気が楽になった。

残り僅かになった6月最終週における
目下最大の課題は…

そろそろ課題のネタが枯渇しそうなところがあるので
その辺りの手前を如何に糊塗しようかというところである。
posted by tristram(高橋嘉代) at 21:32| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

【当日まで】2017年6月第4週プレイ記録【226日運転たのしみ】

予定を半日程前倒しして
これから拠点2に出向くことになった。
今回はデンジン(HN22S)帯同。

拠点2はこの数日中に完全撤収の予定。
それに伴い、現時点での拠点3は拠点2に昇格する。

スケジュール的にも精神的にも余裕が全くないのだが
それでもデンジン(HN22S)との遠出だけは
楽しみで楽しみで仕方がない。



0618.(Sun.)2018年国試まで231日
久しぶりに日付変更線超過アタッカ。

とは言え
拠点整備活動中にてすること山積で
程なくして人事不省。

覚醒後も
拠点整備活動にてプレイの時間も気力も精神的余裕もなく
帰りの車内では完全に機関停止。
休むのも稽古である。



0619.(Mon.)2018年国試まで230日
まる1週間大放置の2017年アプリからプレイ再開。
膨大組筆頭と就労支援の凸凹コンビから戦端を開く。

帰路。
2018年アプリの挙動がおかしいので
一度アカウント消去して再登録。
勿論これまでのスコアもリセット。
勿体無いと言えば勿体無いのだが仕方がない。



0620.(Tue.)2018年国試まで229日

依然として2018年アプリが落ち着きをみせない。
折角、涙を飲んでこれまで稼いだ累計スコア全部捨てて
再登録したというのに
週間スコアが全然表示されないのである。
バグなのであろうか…。

なんだか著しくやる気を削ぎ取られたので
お馴染み2017年アプリの方を起動させ
機嫌なおしにこちらをプレイすることにした。



0621.(Wed.)2018年国試まで228日
依然として2018年アプリの週間スコアが表示されない。何故だ?



0622.(Thu.)2018年国試まで227日
なかなかプレイに集中し難い毎日が続き
日付けが変わった時点でのスコアは至って物寂しい。
2017年アプリ:76pt/24673pt
2018年アプリ:0pt(だから週間スコア表示されないんですってば)/472pt

2018年アプリリセット→再登録につき
0からの再スタートを余儀なくされたので
寂寥感満載のスコアになってしまったことが悲しい。
しかし悲しんでいたところで事態は何らの進展もみせない。

午前中は県図書→根白石と巡り、
昨日の八朔記事で記した公約達成。
一旦帰宅し、仕事の準備しながら
2017年アプリプレイ。
午後は出勤前に南の大山脈登頂、
途上で2018年アプリ。
下山→出勤途上でも2018年アプリ



先述のとおり、今週はこれ以上
プレイを続けられる状態ではない。
生きていれば再開は6月26日(国試まで224日)の予定。

現時点でのスコアは以下のとおり。
2017年アプリ:90pt/24687pt
2018年アプリ:0pt(何度見ても業腹である)/665pt
posted by tristram(高橋嘉代) at 07:20| 国試アプリとともに2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする