2018年01月18日

2017年度準備(38)/2018年度準備(3)

昔から憧れていた天然ホワイトブリーチが
思いの外早期に実現されそうな気配が濃厚で
遂にこの秋(とき)がと心中昂ぶるものがある。
面白いもので、天然ブリーチ進行中の頭髪は
赤銅色のようなメタリックな色合いになる
(私はそうなっている)のだが
よくよく見てみるとその中でもそれぞれ違いがあるものだ。
ピンクゴールドのような色になっているものもあれば
燻銀の様に黒さを残したまま光っているもの、
マイカ塗装の車のように細かい光を反射するようになっているものや
コーヒー色が銀色になったような色
(どういう色なんだ)のものもある。
観察しているとなかなか愉快だ。

…漸く2018年度準備の方に注力できそうになってきて
心底ホッとしている。
あとは玉稿殿数匹(まだいる)、早々に捕獲しないと…。



(Jeu.)11/Jan./2018
旧年中に必要な準備は全て終えてしまっていたので
仕事前の軽いウォーミングアップとして
準備の方の西方仕事に注力することにする。
ウォーミングアップもなにも、次回の準備が膠着し始めて
その逃h…ではない、事態の打開を図るために
着手したその先の西方仕事準備という
絶妙な位置付けのものなのだが。

結局のところ後に実施する仕事の準備の方が先に終わり
次週の分はノート完成度30%程度(少な)で
仕事に向かうことになった。

初期中期プラグマティズムの話を延々としているのだが
この辺りの話、相談援助の理論とも非常に深く関わる。
ただ、プラグマティズムと相談援助の理論とを絡めた議論については
恥ずかしながら私自身、あまり追えていないので
改めて研究室の仲間たちに持ち帰っていって
色々尋ねてみたいところなのだ。

今後生命倫理話に移ったときこれまでの内容を
どのように展開させるか…などと
あれこれ考えながら
捲土重来を期して学食に向かう。
今日の日替わりランチは「豆腐ハンバーグ さつま揚げ 牛蒡煮」という
これまた私の想像力の斬れ味を厳しく問われる陣容を備えている。
まさかまた大嫌いなアレが山盛りだったりしないだろうな?!と警戒し
周囲の様子をそれとなく窺っていたのだが
それらしいトレイを前にしている人が見当たらず
どうにも要領を得ない。
仕方がない、オーダーがてら店員さんに聞いてみようと
早速カウンターの店員さんに声をかけてみると
既に日替わりランチは売り切れだという。
諦めきれず、メニューの見本は出さないのか尋ねてみたところ
そんなに大勢の人が来るわけではないから出していないとのこと。
(お客が来ないと言うよりは顧客になり得る母集団の規模が小さい、と
言うべきところであろう)
…まあ、見本となれば丸1食分フルセット、
模型ではなく実物を見本として陳列するとなれば
その見本分の1食分は商品として扱われることはない。
つまりは貴重な商品の中でも確実に1食分は
廃棄を余儀なくされるということになる訳で
その分のコストを余裕で無視し得るほどのお客さんが来ない
ー母集団がそれほど大きくなくてお客さんもそれ相応となれば
流石にそれは避けたい、ということなのであろう。

食事の後1時間ほど西方準備に手出しして
後の仕事の方を次週分より先に終わらせてしまうという
喜ぶべきなのか困惑すべきなのか微妙な状態のまま
仙台に戻る。



(Ven.)12/Jan./2018
本日は曜日と時刻が変更になった仕事。
風のない冷涼な空気が非常に快適。
暴風さえなければ東北北海道の東側海側の
痺れるように寒いだけ寒くて快晴、という天候は
筆者の何よりも得意とするところである。それはさておき。

色々と考えさせられることの多い本日の仕事であった。
帰宅後仕事後処理開幕。

明日もまた曜日時間共々変更仕事なので
できれば今着手しているこれも
起きている間に終わらせたい…対戦する機体が最多の仕事なので
正直あまり自信はない。

それでもないなりに進めていれば相応
には進むものである。
とはいえやはり物量的な差は如何ともし難く、



(Sam.)13/Jan./2018
アタッカで暫く続けていたものの、起床予定時刻頃には
集中できなくなってどうしようもないので
片付けて中断。

2時間程休む。起床後続き。
寝る前に8割方終わらせていたのであっという間に終わる…かと思いきや
判定が非常に微妙というか、判定に悩むものがあって
暫しの思案の後、その部分だけやり直す。
思案の甲斐あって、今度は悩みも迷いもしない、
説明を求められたとしてもノープロブレムの結論を出せた。良かった良かった。

午後。出勤までの間にシラバス書きの続き。
できあがったものから順に入稿しているうちに
睡魔が勝手に部屋に入ってきたばかりか
ひとの寝具勝手に広げて手招きしている…が無視である。無視無視。
それにしてもどうして睡魔なんて来るんだ?と疑問に思っていたのだが
考えてみると今日の睡眠時間は2時間程度、
あと1時間くらいは寝ておきたいところだったのだ。

仕事。



(Dim.)14/Jan./2018
午前中から所用。14時過ぎに一度帰宅。
調査に出るばかりにして出かけていたので
道具類の入れ替えはスムーズに進んだ。
先刻ピットインさせたばかりの輪島ワークス(HN22S)を再び起こし、
無鉛プレミアムガソリンを存分に食べさせてやった後調査開始。

例年よりも移動時刻が若干遅くなったからであろう、
既に結構渋滞していて今回の調査では
火入れを見ることができなかった…まあそういう年もある。

定点観測地点新規観測地点共々貴重な情報を集めることができて
大満足の調査だった。

帰宅後は午前の所用のとき入手した
大量の物資を捌きながら写真の整理。
そしてこれまた物資のなかに含まれていた
般若湯など開封してみたりする。

たとえ調査の直後であろうと仕事熱心な私は
豪快に膠着している西方仕事に戦いを挑んだ訳なのだが



(Lun.)15/Jan./2018
既に翌日になって暫く経っていたこともあり
何となく集中できないまま、時間だけを無駄に消費してしまった。

横になって考え事しているうちに
起床予定時刻を過ぎてしまったので
仕方がなく渋々と起き上がり、身の廻りの用事を片付ける。

寝ていないのだが元気なので早目に家を出て
仕事場で西方対策を講じることにする。
膠着している部分を取り敢えず無理矢理終わらせた。
漸く未着手だった部分に着手できた訳だが
暫く進めたところで膠着部分不要こちら単体でも十分と判断、
膠着部分は使わずに新規着手部分のみを使うことにした。

仕事で非常に下らないミスをしてしまって
がっかりしながら部屋に戻る。
対処不可能なものではないのは不幸中の幸いなのかも知れないが
ミスをしたことそれ自体が結構な衝撃で
課題のチェックの後元気なく西方仕事再開。

…当初こそ穴に落ちた人みたいな顔して
力無く手を動かしていた。
しかし暫くして段々と落ち込むのに飽きてきたので
気分転換をはかって図書館に移動する。
図書館はというと…何?何か今日イベントあるの??
一瞬目が泳いでしまう程人がいる。
何だろう…?と首を傾げながら閲覧室に移動してみて漸く理由が分かった。
国試だ。

既に国試当時まで3週間を切っている。
つい先頃自分の授業で強調してきたばかりなのに
速やかにそれに心付かなかったことは
取り敢えずメインカウンターのど真ん中にでも置いておくことにして
(置くなよそこに)
素知らぬふりして彼等彼女等の手許を見てみると…
過去問広げていたりボロボロの模試問題めくっていたり
一問一答集など解いていたりする。
斯様な血気盛んな若人たちの姿を目の辺りにしていて
いい歳した大人がいつまでも辛気臭い顔していられない。

…と、ここまでは確かに覚えていたのだが
気がついたら30分程ワープしていた。
何だろう…超小型UFOがやってきて
私の精神をascensionさせたとでもいうのだろうか??

いい大人が何おかしなこと言っているんだか…
自省しつつ西方ノート続き。
終わらない。
仕方がないので帰宅して
(途上再び気絶もとい次元上昇していたことは
勿論公然の秘密である)
自宅で続き。漸く終わる。



(Mar.)16/Jan./2018
すべきの大山脈にてそろそろ遭難しそうな気配が濃厚になってきた。
GSIS登頂するつもりが登山口まであと一歩のところで気が変わり、
例のコーヒー屋さんに仕事道具ぶら下げて散歩がてら出かける。

西方配布資料作りと見せかけて
新年度増殖案件のうちのひとつ(事実上の通年なので二つと言うべきところなのだが)
シラバス書きと書類書き。
書類は終わったがシラバスは終わらず(早く終わらせろ)
青息吐息の中昼食。
仕事に行く直前まで複数案件渡り歩きながら
書くもの書いていたのだがやはり終わらず(殴)
渋々と出勤。

帰宅後は西方配布資料作り。
作り直しまでした大悩みノート作りが
まるで悪い夢か何かであったかのように
思いの外



(Mer.)17/Jan./2018
時間はかからずに配布資料完成。
尤もそこは私のこと、
安定のアタッカ作業になりはしたのだが。

ここ数日あまり眠っていない…らしい。
今夜こそ普通に眠るのである。



仕事。
シラバス一つ完成。
入稿。
まだ積み残されているシラバス群片付けるべきところなのだろうが
西方の次の配布資料作りに専念してしまうのである。

筆者とさして歳が違わないと思料される人物の訃報を受けた。
筆者自身、普段からもう自分の人生残り半分以下半分以下と
よく口にしている訳なのだが
そろそろ自分も、死んでもさして不自然でもないような
年頃に差し掛かったのだろうな…などと
それこそさして不自然でもなく考えてしまう。

弔電を手配して。

丁度訃報を受けたとき
安楽死と尊厳死の話を組み立てている最中だった。

気を取り直して仕事再開。
すぐにでも完成させられそうなものなのになかなか終わらない。
posted by tristram(高橋嘉代) at 10:05| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

【当日まで】2018年1月第2週プレイ記録【20日賑わいの季節が近づくぜ】

いよいよ国試が近づいてきた。
しかし悲しいかな筆者様、今年度の今の時期は
することがかなり多くてアプリの方への注力が
なかなかできずにいる。

45FE7A2B-DD18-41C1-A936-F5D4D383E272.jpeg
昨夜の調査。雨も雪も降らず
路面も凍っていなくて本当に良かった。
昨年は路が凍っていて行きはまだしも
帰りは文字通り描けばこうかというような気息奄々状態、
息出し入れしているだけで精一杯の有様で帰ってきたのだった…。
その中で素手でノーツ書いていて暖かいところに戻ったら
手が大変浮腫んで仰天した記憶がある。恐ろしいことである。

それにしても、昨年の今頃の国試記事再読するに
客観的に見る限り
どう考えても事態は絶望的にしか見えない。
その様な中、調査も国試も自分のことながら
よくぞ踏ん張り切れたものだと思う…結果論だが。
筆者の座右の銘:勝てば官軍



07/Jan./2018(Sun.)2018年国試まで26日
起動時スコアチェック。
2017年社福:26758pt(5位)
2018年社福:5725pt(185位)
2018年精神:723pt(99位)

あれ?精神昨日プレイしていないのに順位上がってる?

…まあ、貰えるものは貰っておくのだ。
さて。1月2週目は2018年社福から戦端を開くことにする。
これまた苦手な障害で(ドキ)



10/Jan./2018(Wed.)2018年国試まで25日
8日9日はプレイなし。
障害もリザルト書いていないから途中だった…と思う。

取り敢えず2日開けた起動時スコアを。
2018年社福:5726pt(196位)
2018年精神:723pt(107位)
順位変動はないので2017年社福のスコアチェックはなし。

早速ながら障害の続き。
リザルト:115/125(92%)
依然として星が上がらない。
2017年障害もプレイしてみる。
リザルト:116/128(90%)

どうして一年以上プレイしている2017年の方が解けないのだ…orz

挫折体前屈していたところで解けるようにはならないので
気を取り直してスパルタ軍に攻撃を仕掛けてくる。



12/Jan./2018(Fri.)2018年国試まで23日
夜になってから漸く起動。
2017年スコア:26786pt(5位)
2018年社福スコア:5737pt(195位)
2018年精神スコア:717pt(109位)
何故かはわからないが精神のスコアが
あの後100問も解いたのに-6ptとなっている。
業腹だが原因究明の時間的精神的余裕はないし
何より面倒なのでそのままにしておく。

本業に注力しているのでこちらにはあまり時間を投入できない。
一昨日の精神スパルタ軍攻撃のリザルト。
78/100
可もなく不可もなしというところか。

被弾コレクション片付け。
posted by tristram(高橋嘉代) at 09:53| 国試アプリとともに2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんと祭調査2018無事終了

お陰様をもちましてどんと祭調査2018も
大過なく終了致しました。
ご協力頂きました皆様には心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

BDDC80BF-F40D-4848-90EC-B5792D5CEFC1.jpeg

ここ10日ばかり連日のように
大寒波到来との報道が続きまして
当日の天候を大変案じておりましたが
天気晴朗雪も氷もなしという
絶好のどんと祭&フィールド日和で
会場の皆様の表情も晴れやかな中
実に有意義な調査を行うことができまして
大変喜んでおります。

27CD56F1-A681-4F29-BD31-68FE51F8830B.jpeg
泉区には雪がありました
(手前の白いのは雪です。白線ではありません)。

私事ながら、本年はどんと祭調査に着手してから12年目、
丁度干支が一巡したことになります。
私がいつも寄せて頂いているある会場では
近所の中学校の1年女子数名による
「巫女の舞」が披露されます。
私が手探り状態ながら漸う調査を始めた頃に
生まれた子どもたちだったのだな…と
胸を圧するような感慨を覚えながら
巫女の舞を鑑賞しておりました。

A52E790C-FA3C-4599-9665-884EA6E9199B.jpeg
巫女さんたち。これからスタンバイです。

7470058D-A050-4B69-A9AD-1DD553F8AC98.jpeg
楽しそうな休憩所。壮観です。

さて。気になる調査の論文ですが
今年の4月から5月にかけてひとつ執筆の予定です。
順当に行きましたら(!)
6月下旬発行予定の雑誌に掲載されることになります。
気がつきましたらどんと祭論文もそれなりの数になっておりましたので
そろそろ…などと妄想(?)しております。

71EB9854-538D-463A-A531-BE65BB727988.jpeg
今後ともどうぞよろしくご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
posted by tristram(高橋嘉代) at 02:44| 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa